Saturday

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎

消えた 街灯 揺さぶり灯した
真夜中の公園で
錆びた 蛇口 空に開けて
まるで少年ね
月に届きそうな
水のロープ 浴びながら
私を笑わせるの
気付けば 雨の中

Saturday 互いの空に
飛び立てない 想いを降らせて
二人は 傘もささずに
濡れた街を 笑って歩いてた

何度 確かめ合っても
同じ答えが出るのね
良いの わかってる
言葉も掻き消したワイパー
助手席の窓 曇らせる頬
光のトンネル 延ばすヘッドライト
いつか その中へ

Saturday 今だけ傍に居てほしい
眠るように そっと
二人は 夢も見ぬまま
白く朝が 夜を閉じるまで

Saturday 無情な程に
降りやまない雨があがる頃
二人は 歩き疲れて
つないだ指を 黙ってほどいた
手の中に温もりだけを しまって