誕生日には真白な百合を

Lyricist: 福山雅治    Composer: 福山雅治

あなたがくれたこの名前は

いくつの願い込められてるの

そこから見えるわたしの素顔は

誇れるものですか



あんなに嫌いで

飛び出した故郷

家族の声も

ただ重くて 苛立っていたよ

そんな姿はあなたからすれば

泣き続けた幼子の頃と変わりはなく



いくつになっても同じだと

子供扱いするばかりで

認めてくれる言葉もないまま

会えなくなるなんて…

年に一度の誕生日だから

照れずに言うよ

「産んでくれて、ありがとう」



あなたがくれたこの心は

やさしい人を選びました

自分じゃなくて

家族の笑顔を 願ってる人

いつか 会ってください



真白な百合を写真に飾ろう

聞いてもいいかな

認めてくれるかな

この生き方を