記憶

Lyricist: 持田香織    Composer: 菊池一仁

ただひとつのキヲク 胸の奥にある
色褪せた紙切れには 笑顔が残った

「出逢わなければ良かったね」と 冗談でもどうして言えてるの?
君のその優しさに気付きもしないで 何を見てたのだろう?

振り向けばいつも側に 君が居てくれるような気がした
薄紅の雪が舞って 今日も変わらぬ風が吹く
まだ上手に 笑えなくて

日が暮れるのも忘れて 確かめ合うように
あんなにも愛したこと 誇りに思った
ためらいもなく好きだなんて 言えてしまう君に嫉妬していた
君を好きだと思う気持ちに理由など 何も要らなかった

ふたりなら永遠さえ 叶うものだと信じていたね
抱き締めたその温もり 今もこの手に残ってる
思い出には 出来なかった

伝えたいことがあった それは可笑しいほど簡単で
失ってやっと気付く それは掛け替えのないもの

振り向けばいつも側に君が居てくれるような気がした
薄紅の雪が舞って 今日も変わらぬ風が吹く
キヲクの中 探していた