幸福踩著輪子而來

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之

『幸せはタイヤを穿いてやってくる』幸福睬著輪子而來




ディーラーの後ろ横向きに 停まってるその車は
初めての場所に戸惑って 隠れた犬みたいだ
僕が良くても君がダメ
君が良くても僕がダメと
長い時間をかけて 二人で選んだ

足に履いたタイヤを転がしながら
僕らの家に幸せがやってきた

新しい道を子犬に 覚えさせるみたいに
この車に 僕らの街を
覚えさせに出かけよう
ほら、映りこんだ僕らも空も街も未来も
全部まとめて一緒に
磨かれたみたいに輝いてる

君が選んで持ってきた曲に 思わず微笑んだ
二人が同じように好きだと 初めて思った歌
同じもの分かち合うことの 難しさを知ってくほど
歌も車も大切な 二人の宝物

足に履いたタイヤを転がしながら
僕らを乗せて 幸せは走ってゆくよ

新しい道を子犬に 覚えさせるみたいに
この車に 僕らの街を
覚えさせに出かけよう
ほら、映りこんだ僕らも空も街も未来も
全部まとめて一緒に
磨かれたみたいに輝いてる

新しい道を子犬に 覚えさせるみたいに
この車に 僕らの街を
覚えさせに出かけよう
初めての雨が降った後は 空も街も未来も
全部まとめて 一緒に磨いて
また輝かせましょう
タイヤを履いた 僕らの幸せを