天色(Sorairo Days)

Lyricist: meg rock    Composer: 斉藤真也 編曲:斉藤真也
君は聴こえる?
僕のこの聲が
闇に虛しく
吸い込まれた

もしも世界が
意味を持つのなら
こんな気持ちを
無駄ではない?

憧れに押しつぶされて
あきらめてたんだ
果てしない空の色も
知らないで

走り出した想いが今でも
この胸を確かに叩いてるから
今日の僕がその先に続く
僕らなりの明日(あす)を築いていく

答えはそう いつもここにある

過ぎた季節を
嘆く暇はない
二度と迷って
しまわぬように

數えきれない
ほんのささやかな
そんな後悔
抱えたまま

その背中だけ追いかけて
ここまで來たんだ
探していた
僕だけにできること

あの日くれた言葉が今でも
この胸に確かに屆いているから
昨日よりも今日僕は
僕の生まれてきた理由(わけ)に気付いていく

答えはそう いつもここにある

全てがまるで當たり前みたいだった
尊(とうと)い日々はまだ終わらない

そしてまた
走り出した想いが今でも
この胸を確かに叩いてるから
今日の僕がその先に続く
僕らなりの明日(あす)を築いていく

答えはそう いつもここにある