透明少女

Lyricist: 河邉徹    Composer: 杉本雄治

星が降る夜 僕ら傍にいた
宇宙の隅で 揺れていた二つのブランコ
隠した声も きっと互いに見つけてしまうから
言葉さえいらない気がした

(何があったの?)
手を伸ばせば届いた 笑ってる顔を見てた
(そばにいるよ)
失くせない 温もりに触れてしまったから

一人じゃもう生きていけない こんな不幸な
幸せをあなたが僕にくれた夜
そばにいた時間だけ
増えた思い出は
未来の涙に変わった

(時がくるよ)
通り過ぎた時間に 僕らがまだいるようで
(気付いてたんでしょ?)
ずるいよ
出会わないままならよかったのに

一人じゃもう生きていけない こんな不幸な
幸せをあなたが僕にくれた夜
叶わない願いでも
僕は声にした
別れが来ませんようにと

繋いだ手と手が ほどけて離れた
僕しか見えない“透明”な光
目が合って 微笑んだ
あなたは“思い出”

一人じゃもう生きていけない こんな不幸な
幸せをあなたが僕にくれた夜
二人歩いた 星空の道 霞む朝焼け
一つだけ揺れるブランコ
行かなくちゃ
ここにいない あなたへと
僕はやっと今 答えを渡せる気がした
愛という透明な気持ち抱きしめ