秋日時分
From
夏天的尾巴
Released

秋日時分

Lyricist: 太志    Composer: 大介/太志
照りつける午後に 陽炎ゆらめき
一雨欲しいのに 太陽は圧倒的
「去年よりずっと 暑い気がするな」
今年の夏はもう それが独り言になる

クジラ雲の背中に乗り 世界中を見渡せたら
僕のこんな考え事 ちっぽけに思えてくるかな

夏の日の木陰でまどろみ 仄かな世界へ
ゆらゆら 眩しく 現実が溶け出す
繰り返す波のように 光は永久のリズムに
あなたの名前を 何度も呼んでみる あの頃のように

青い鳥は そのまま空に溶けた いくつもの季節を渡り終えた
夢物語それは 一瞬の光に潜んだ forever
不意にやってきて 手を伸ばした途端に逃げ去って
その輝きを忘れられず 人は旅をする 忘却の果てへ
真昼に星は輝かない 輝きとは儚い
儚いとは知るも時を忘れては永遠を語らい
愛してしまうこと それ自体 誰かに教わったことじゃない
食べる 動く 眠る そして一人を想い続ける 自然のリズム

春の日の写真に 閉じ込めた光と風
笑顔で別れた 小さく手を振って
もう秋になるのに 想い出にできないまま
今でも あなたを想い出して 風にためいきを隠す