江戶手毬歌Ⅱ (edo temari uta Ⅱ)

Lyricist: 吉岡治    Composer: 宇崎竜童
ひいやふうや みいやようや
いつむうななやあ ここのつとう
手まりころげて どこへ行く

江戸の名物 火事に喧嘩に
伊勢屋に稲荷に 犬の糞
振袖火事は 本妙寺
恋の執念 恐ろしや
晴着が火を噴き とんだそな

火事だ火事だ 火事は近い
庵のそばまで 延焼中
芭蕉飛び込む 水の音

江戸の火消しは いろは四十八
櫓で半鐘が ジャンと鳴りゃ
炎に纏の 男伊達
頼りないのは 竜吐水
名前に負けてる 水鉄砲

千両箱が ズッシリ重い
泥棒家業の だいご味だ
月に吠えたら おっこちた

ひいやふうや みいやようや
いつむうななやあ ここのつとう
ひいやふうや みいやようや
いつむうななやあ ここのつとう
とんと首尾よく つき上がり