Ginirohikosen

Lyricist: ryo    Composer: ryo

この道登りきれば あなたはいつも
あくびをしながら そこで待ってた

汐風匂う町で あなたもあたしも
大人になってくんだって そう思っていた

海鳥が鳴いていた
あの夏 あなたと二人帰った道
追いかけて 追いかけて

銀色飛行船 輝く 海だけが変わらないで
あなたが笑った この丘もう一度あなたに会いたい

自転車かごに鞄 二人分載せて
文句を言いながら 坂道押した

この道はまっすぐで
間違うはずなんかないと思ってた
どこまでも行けるって

銀色飛行船 飛んでた あの空を見つけたくて
頬を撫でる風 この丘 もうここには誰もいない

誰もいない…

陽が落ちて伸びた影法師
あたしはあなたを追いかけた
ずっとあなたのことが好きで
だけどあたしは言えなかった

銀色飛行船 輝く 海だけが変わらないで
あなたが笑った この丘 もう一度あなたに会いたい

銀色飛行船 飛んでた 手を振って見送ったあの日
あの道登って今度は この丘で先に待ってる

この丘で先に待ってる