ボーイズ・オン・ザ・ラン

Lyricist: 馬場俊英    Composer: 馬場俊英

Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys
Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys

Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys
Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys

いったい何があんなに夢中にさせるんだろう スクールデイズ
真夏のグランドは40度を超え すべてを奪い取る
なんのドラマも起きない 平凡なゲームは最終回のウラ
ヒロシはネクスト・バッターズ・サークルで 一人 空に
まるでファウル・ボウルのような 夢を打ち上げていた
そして目が醒めるように 糸が切れるように
アブラゼミが鳴き止むように 静かにゲームセット

電話じゃダメだって呼び出されたのは 一方 亮一
両手には滲むような はにかむような
染み込むようなテンダネス
バイパスを染め抜いたのは夕焼けとヘッドライト
そしてストリートライト
思わず横顔を抱き寄せて引き寄せて キスをして
そっと見つめたけど彼女
「何もわかってない」って泣き出したっけ
でも気にすることないぜ
それも愛情表現
そうさ 女の言うことの半分以上は
いつだって いつだって Meaningless わかりっこないぜ

Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys

「これが最後のチャンス」と電話口でささやいて
祐次は今年32歳 山梨に妻を残し 東京
ワンルームのマンションから夜の甲州街道を見下ろして
煙草に火をつけては消し
消してはまた火をつけ直し
「明日のことは誰にだって
わかりっこない」ってせめてつぶやいて
見上げるのは東京の夜空
そして今は遠い遠い遠い・・山梨の街

チャンスらしいチャンスもなく
情熱と友情の袋小路
そして青春の蹉跌 物語は今静かにクライマックス
ジローはギターケースからレスポールを取り出して
歌うのは小さな小さな小さな 裏切りのメロディー
そうさ「みんなで頑張ろう」って
昨夜も乾杯したけれど
でも迷うことないぜ もう答えは胸の中
信じるのさ 信じるのさ
10本の指と6本のストリングス

Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys

ところで 今 俺は通りがかりのバッティングセンターに入り
時速140キロのゲージで順番を待っている
あのクソ暑い真夏の空 焼けついたグランド
かげろうのようなハッピネス
遠く耳鳴りのような歓声が 今も・・・
一体誰があの日オレに一発逆転を想像しただろう?
でもオレは次の球をいつだって本気で狙ってる
いつかダイアモンドをグルグル回りホームイン
そして大観衆にピース! ピース! ピース! ピース! ピース! ピース!
そしてさらにポーズ!

Hey boys, do it, Hey boys,
Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys
Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys

Hey boys, do it, do it, do it, do it, boys
Hey boys, do it, do it, do it, do it, do it, do it, do it, do it,

・・・・・・・・I Like You!