いずれの花嫁

Lyricist: 蔡忠浩    Composer: 蔡忠浩

野ばらの咲いた岸辺を、
いずれの花嫁と歩く姿
その影を宇宙のしくみへと
絡めとるような、夕暮れの瞬き

幾通りもの空へ伸びる梢と、
偶然に遠い星々の光
この街を宇宙のしくみへと
絡めとる夜の訪れ、吹くのは春風

夕暮れてゆく川の傍らで、
払いのけたのは羽虫だろうか
恐ろしすぎる予感ではないと、あるいは

ゆけ、乙女よ! と、
街に灯がともる偶然の瞬間
「さあ帰ろう」と呼ぶ声に
こだましている欄干
対岸からかすかに届くダンスミュージック
この街を去ろうとする春を吹く風

野ばらの咲いた岸辺を、いずれの
花嫁が歩いてゆく
おかっぱおでこは世界の最先端、
それをそっと撫ぜに夏はくるだろう
ゆく乙女のおろしたての夏服に、
最後の魔法で降るお天気雨

あなたを宇宙のしくみへと

ゆけ、乙女よ! と、
街に灯がともる偶然の瞬間
「さあ帰ろう」と呼ぶ声に
こだましている欄干
対岸から確かに届いているリディム
かすかな祈りにも似た言葉のあや

ゆけ、乙女よ!
おろしたての夏服を光らせて
ふくらみやへこみに承ける陽を慶べ
乙女よ、
暮れてゆくわたしとは違うあなたを
包んでいるのは、まだ春風
あなたを包んでるのは、まだ春風