Caress of Venus

Lyricist: HYDE    Composer: ken

真白なその肌を乾いた風がくすぐっている
流れる長い髪に瞳はさらわれて…

加速された時間の針を
いつも何処か冷めた眼で眺めていたけど

朝が訪れるまでこの世界は堕ちて行くから
踊り疲れた後も君を抱いていたい…

瓦礫の上慌ただしくて
止まれなくていつの間にか忘れていたけど

君が笑うと嬉しくて
明日が無くてもかまわない

caress of venus
素直なまま 口づけたら

さぁ お気に召すがままに

指先まで何もかもが
廻ってゆく溢れてゆく見えなくなるまで

君がいないと苦しくて
何がおきても放さない
君が笑うと嬉しくて
明日が無くてもかまわない
君をキレイなあの場所へ
連れて行けたら素敵だね

君の全てが…君を誰にも…
君のためなら…君にあげよう…

君に瞳はさらわれて