蜂蜜~Daddy,Daddy~

Lyricist: 太志    Composer: 太志

小学生に上がり立て 棚の上から二番目
ハチミツの瓶を溢して パパに笑われたっけなぁ

忙しく続いていく毎日 一体何を大事にすればいいのか?
分からなくなっていた
コンプレックスから来る強がり 背伸びしたって
僕は僕なのに 人生の勝ち負けって何?
仕事から帰り そのままベットに沈む
好きな人にも会えずに ただ眠りにつくだけ
認められるような大人になるためには もっともっと頑張らなくちゃ
でも僕の心は 息切れしてた

ハチミツ色の朝が 優しい風を連れてくる
「完璧じゃなくていいよ」そう言われてるような気がした

すべてが巧くいく時も 何も巧くいかぬ時も
歩みを止めないなんて不自然だ
涙の理由はそれぞれにあり
他人から見たらとても小さなことだったりする
高いものが良いものだなんて いつも頭ん中にあるんで
見落とすしてしまう たくさんの風景
当たり前に感じてること 陽が昇り沈むこと
その当たり前に感謝しょう ありがとう

もしもあの夕暮れに 値札が付いたとして
高価なものになったら 人はその素晴らしさをやっと認めるのでしょう

透き通る夜空 キラキラと光る言葉
疲れた心を乗せた 真夜中のメリーゴーランド
時には立ち止まり 疲れたその羽を休めなさい
休めなさい 君はまた飛び立つのだから

ハチミツ色の朝が 優しい風を連れてくる
「カッコウよくなくていいよ」 頬を撫でてゆくメッセージ
天国からのメッセージ

小学生の頃とはもう違うよ 棚の一番上の段
ハチミツの瓶をもう溢さないで取れるようになったよ