夏花之歌

Lyricist: 宮沢和史    Composer: 宮沢和史

公園にあつまる声で 梅雨が明けたと気づく
何故(なぜ)だろう 夏が来るのが 近頃少し恐い

傷ついては学び またつまずいて
巡る季節めぐり また夏が来る…

幼き頃を思い出す はにかむあなた 木綿花(むみんぱな)
日に焼けて汗ばむ笑顔 それこそ私の故郷(こきょう)
心の奥にそっと咲く花

たどり着けば転び また立ち上がり
何度もあきらめて また夏を待つ…

月の光に照らされて キラキラ光る夏花(なつぱな)の浜
日に焼けたあなたの笑顔 それこそ私の故郷
心の奥にそっと咲く花
瞳閉じれば永遠の夏