One

Lyricist: 無名花    Composer: 無名花

目を閉じれば見えてくる、たった一つの光り
その一つの為に活きて見たいのです、八月に咲く黄色い花のように

歩く日曜日、視界の異様が気になる通り
青い空は渡り潮飛行機、それは神様が描いた額物のない絵画
入れ方は心次第だ、あくまでも僕らは天使でも、悪魔でもない
一目あるが故の弱さが、乾かない悲しみや、引き取りや不安が
形式ひびいたあおかける、あ~~誰がも大切にされたがる
大切にしょうとはせず、「朝は来る」って誰かが言うが
夜は長いなあ~、まだ少こわいな、だからこそ
たった一つでいいのです、沢山でなくていいのです
大事なものは君のそばで小さく輝いてるよう
たった一人でいいのです、大勢でなくていいのです
たった人の為に強くなりたいと願い、それで愛なのだから

初めて自転車に乗れた日のよに、ご機嫌笑み得意な噺さは
幼い日々だけの物、そんな事はないさ、溜息の数は随分と増えたけど
あの頃には感じなかった、転苦い現実を前に
悲しみ苦いを何かで、繋がりたいなあ~
いくつもの笑顔があるのです、それぞれにすぱらしいのです
色とりどりの花が、一つの花束になるように
何時かきっとでいいのです、遥かな未来でいいのです
離れ離れの僕らが笑顔で繋がる事が出来ますように

間違いながらでいいのです、逃げ出すよりはいいのです
喜び時に転び、それでこそ、味わいたい日々さ
たった一つでいいのです、全て繋がっているのです
大切さを知る時、あらゆる物がホラ~色付いた行く
目を閉じてれば見えてくる、たった一つの光り
その一つの為に活きて見たいのです、八月に咲く黄色い花のように