Million Films

Lyricist: 小渕健太郎     Composer: 小渕健太郎

信号待ち 買い物袋ぶら下げた二人の手
僕に内緒のまま選ばれた 夕飯のレシピ
夕暮れ時 自転車に追い越されながら
茜に染まる 外苑沿いのレンガ道

しばらく黙りこくってた僕に
不機嫌そうな君
違うよ 君に寄り添ってるメロディを
五線紙みたいにぶら下がった
電線の上 並べてるんだ

100万枚撮りのフィルムでも
撮りきれない程の想い出を
君と二人 未来へと焼きつけていけたら良いな
そばにいれるこの瞬間を
切り取ればいつだっていくつだって
溢れる様に 生まれてくる LOVE SONG

悪気もなく 見てた古い君のアルバム
最後のページ 一つ膨らんだポケット

今更ヤキモチもないだろう?と
胸騒ぎ抑えて 抜き出せば
やたらゴツ目な彼の腕に
おどけてつかまるその瞳が
やけに切なく 胸にくるんだ

ぶつかり合う度また心が
破れたりほつれたりするのは
もう一度 新しい結び目を作るためさ
そこに涙がしみ込んだなら
もう二度とほどける事の無い
強さを持った 絆に変わるだろう

竜胆の花が雨に揺れる
透明の雨傘も包み込む 秋の調べ優しく

100万枚撮りのフィルムでも
撮りきれない程の想い出の
ひと欠片を ありふれた今日の何処かに見つけだそう
そこに涙が解け合う事を
君の笑い声ひびく事を
心にそっと 祈りながら今も
溢れ出してる また新しい LOVE SONG