前往無限的彼端 ~To infinity and beyond~

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之

望みが叶うその日が
必ず来るとは限らない
そんな思いに足を取られ
動けない君をよそに
うちの犬は飽くなき
挑戦の末変えたばかりの
前より高くした柵(さく)を
飛び越えてやってきた

越えられることだけ信じてるから
越えられるまで諦めないんだろう

「神様!ありがとう」って
思わず言ってしまうほど
望みが叶った時のことを
強く思い描いたら
その日が必ず来ると
信じ続ける君の
目の前に現れるのさ
無限の彼方へ続く道

思い描けないものは
叶えようがないけど
それは思い描けるなら
叶えられるともとれる
不安になるほど自分が
駄目だった時のことを
リアルに思い描ける
その想像力を活かさなきゃ

その時を思い描くものに
合わせて未来は変わってゆく

「神様!ありがとう」って
思わず言ってしまうほど
望みが叶った時のことを
強く思い描いたら
どんな困難だって
望んだ未来に向かう
そのために必要なんだと
心から思える

もう一度信じてみるよと笑う
君の目に無限の彼方へ続く道が
映って見えた

「神様!ありがとう」って
思わず言ってしまうほど
望みが叶った時のことを
強く思い描いたら
その日が必ず来ると
信じ続ける君の
目の前に現れるのさ
無限の彼方へ続く道

さぁ 無限の彼方へ…