風正在吹

Lyricist: 秋元康    Composer: 河原嶺旭

この変わり果てた 大地の空白に
言葉を失って 立ち尽くしていた

何から先に 手を付ければいい
絶望の中に 光を探す
どこかに神がいるなら
もう一度 新しい世界を
この地に拓かせてくれ

それでも未来へ 風は吹いている
頬に感じる 生命の息吹
それでも私は 強く生きていく
さぁ たったひとつ レンガを積むことから
始めようか?

記憶の傷口は かさぶたになって
痛みの中に やさしさを生むんだ

誰から先に 抱きしめればいい
温もりの中で 夢を語ろう
溢れた涙の分だけ
何かを 背負わせてほしいよ
傍観者にはならない

それでも未来へ 愛は続いている
人と人が求めあっている
それでも私は 一歩歩き出す
そこに忘れられた 希望を拾って
始めようか?

それでも未来へ 風は吹いている
瞳 閉じれば 感じるはずさ
確かに未来へ 風は吹いている
全て失って 途方に暮れても
確かに私は ここに存在する
前をふさいでる ガレキをどかして
今を生きる

もしも風が 止んでしまっても
風が消えた世界はないんだ
どんな時も呼吸をしているように
今日という日がそう つらい1日でも
できることを 始めようか?