其實啊

Lyricist: 太志    Composer: 太志
飼ってた犬も 生まれた土地も こっそり抱えてきた悩み事も

夢中になった部活も 土の匂いも 風に運ばれていった夢も違う二人

大人になり 与えられた役割 愛想笑い

現実との折り合いも板ついてきたけれど

遠慮抜きで 心を通わすっていつまでも難しいよね

こみ上げてくる思 言葉にできても声にならない

かくれんぼみたいな日々 こんなにもそばにいるのに 素直になれない

ほんとうはね かまってほしくて いじけたふりをしているだけなんだよ

子供みたいでしょう

ほんとはね 君の事 好きで好きでたまらないんだよ

あぁ 届くといいのになぁ

本当の事を 知りたいけれど

目のあ当たりにしたら立ち直れなくなるかもしれないから

さまう振りをしは ここで考え事をしているのかな

窓の向こう 気がつけば既にもう 時はこっそり過ぎき

あれもこれも永久の流れに溶けていくよ 夕闇が子供達をう家に帰らせてる

自分のこと 信じてもらおうとするくせに 大切な未来のこと

疑って 押し黙って 内側だけに言葉だけが降り積もっていく

ほんとうはね 嫌われたらどうしようって思うと

不安になって 進めなくなる

ほんとうはね 何ともないよって顔して 過ごしてるけど

あぁ 心が軋むんだ

ねぇ あなたもそうですか

ほんとはね 君がいなくても大丈夫だなんて 嘘なんだよ

強がってたけど

ほんとはね 二人で同じ「今」を 分け合いたい 分け合いたい

もう何も迷わずに 胸の内のありのままをぶつけなくちゃ 進めないよね

こんなにも 強く 深くなってしまったこの想いを

あぁ 届けに行くからね