ワガママで誤魔化さないで

Lyricist: 山中拓也    Composer: 山中拓也

クラクションにたたずむ明かり
命を差し出して
今にも崩れそうになる
時にディストラクション

甘い甘いキスを呼ぶように
暗い深い闇に溺れてくんだ

クラクションの音を食した
渋谷街途方のように
色付く髪掴み飛ばす
潔く死にたい

人を渦巻く性の欲望
途端にこだまさせて

ワガママで誤魔化さないで
ワガママは勝手でしょう
誰かを守りたいと一人嘆く
ワガママで誤魔化さないで
ワガママに嫉妬して
沈んでは浮かぶ子供の匂いがした

甘い甘いキスで確かめて
暗い深い灰に溺れてく

また飛ぶ考えられない
夢中浮遊警報する
今にも崩れそうな面影

誰のために今を生きて
誰のために愛を確かめる
時に視界映る身には
リスクも逆さ言葉が似合う

ワガママで誤魔化さないで
ワガママは勝手でしょう
思いもよらない言葉降り注ぐ
ワガママの意味を知らない
ワガママが合図でしょう
沈んでは浮かぶ子供の血を好んだ

クラクションの音は止まらない
交差点突き抜けて
光に合わせ踊った
幻覚と現実を重ね狂う

失ってやっと気づいた
本当のその意味に
一人きりの夜が朝を迎える
誰かに愛されそして
誰かを愛す時
今までの過去にさよなら告げて
ワガママにそっとラインを付け足して

甘い甘いキスを呼ぶように
足元コンクリートの香り
ほらまた始まる
あの日の見苦しい僕の姿は
もうここにはないから