レプリカパプリカ

Lyricist: 三原康司    Composer: 三原康司

列車の荷台で揺れた 赤いパプリカ踊るわ
夕暮れ時を迎えた 売りに出されるこのまま

がたんごとん 砂漠を越える

列車の隅に捨てられた 赤いパプリカ騒ぐわ
大きさだけで捨てられた 選ばれるのが答えか?

がたんごとん 汁が飛び散る

ブランケット上からかけて
温もりを教えてくれますか
さよならパプリカ あなたの一部になるんだ
同じようなことを僕らは
オリジナルの愛で届けてく
さよならレプリカ 道を作るのは自分だ

もし神様がいるなら なぜレプリカを作るのかい?
存在価値を求めた 夢の世界にならないか

がたんごとん 世界を変える

ブランケット上からかける
不器用な親切はいらないわ
さよならパプリカ 食卓に色を添えるわ
同じ空の下で僕らは
オリジナルの愛で届けてく
さよならレプリカ 道を作るのは自分だ

期待したい期待したい嫌いじゃない未来自分自身じゃない
消えないあなたの答えを待っている
さよならパプリカ あなたは変わるかい?
変わることのない空の下で自由を

ブランケット上からかけて
温もりを教えてくれますか
さよならパプリカ あなたの一部になるんだ
違うようなことを僕らは
同じだと思って笑ってる
あなたは変わるか?
新しい「今」を作るわ
列車の荷台で揺れた 赤いパプリカ踊るわ
同じ色で並んだ 違うパプリカ変わるのさ