黒猫道

Lyricist: 椎名林檎    Composer: 伊澤一葉

退いた退いたほーらオレサマのお通り
僕は闊歩しつつ唱えている「黒いのは条件反射」
吠えるものか今日もまるで無勘定だ
除(ノ)ケモノにされても良いからかまうなよ人間関係

立ち止まって撫ぜられるのも
自動車警笛(クラクション)を鳴らされるのも
手ぐせで尻尾を掴まれるのももう毛頭堪忍
誰も立って居ない道を行け
頭一個の狭さで行け
黒くなって人目に付かぬ様にさあ急いで急いで

前を向いたら後退不能なのだ
僕は譲歩しつつ構えている「黒いのは防衛本能」
吠えるものか今日もまるで不干渉だ
除(ノ)ケモノにされても良いからかまうなよ人間関係

・冷たくても大きな獣
・吐息が温かい生き物
彼等を食さぬ僕を臆病者なんて云うな
魚と葉っぱで生きられる
無駄な殺生を避けていける
四六時中喪に服し涙を呑む信心者さ

立ち止まって撫ぜられるのも
自動車警笛(クラクション)を鳴らされるのも
手ぐせで尻尾を掴まれるのももう毛頭堪忍
誰も立って居ない道を行け
頭一個の狭さで行け
黒くなって人目に付かぬ様にさあ急いで急いで

退いた退いたほーらオレサマのお通り
"不吉。"と、嫌われて丁度好い
かまうなよ人間関係