因為還有明天

Lyricist: 妹尾武・小山内舞    Composer: 妹尾武

ほら 舞い降りた雪がこの手に溶けては
まるで何もなかったように消えてく
ねぇ 大切なことは壊れやすいから
僕たちには掴めない 静かに漂うだけ

はるかな はるかな 宇宙の片隅
こうしてふたりが出会えた偶然
奇跡と呼びたいこの気持ちを 君だけに伝えたいよ

ただ 伝えたいことがうまく言えなくて
迷いながら 探しながら 生きてた
いま ひとつの光を見つけた気がして
追いかければ逃げてゆく 未来は落ち着かない

何度も何度も立ち止まりながら
笑顔と涙を積み重ねてゆく
ふたりが歩いたこの道のり それだけが確かな真実

雨降るときには君の傘になろう
風吹くときには君の壁になろう
どんなに闇の深い夜でも 必ず明日は来るから

春に咲く花や 夏の砂浜
秋の黄昏や 冬の陽だまり
いくつもいくつもの季節がめぐり
重ねあう祈りは 時空さえ超えてゆく HOo...

はるかな 〔宇宙の片隅にいて〕
はるかな 〔想いをはせる〕
奇跡と呼びたいこの気持ちを ただ君だけに伝えたいよ

何度も何度も立ち止まりながら
笑顔と涙を積み重ねてゆく
ふたりが歩いたこの道のり 消え去ることはないから

雨降るときには君の傘になろう
風吹くときには君の壁になろう
どんなに闇の深い夜でも 必ず明日は来るから
君だけに伝えたいよ 必ず明日は来るから