將手伸進不安之中

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之

不安は何も書かれずにただ
上に穴だけ開いた箱
中身が何か分からなくて
誰も自分の手を入れられない

“噛み付かれたらどうしょう?”

不安のない未来を誰も望むけど
乗り越えられたその分だけ
不安は僕らを強く賢くする
まるで神様の通信教育

そう不安のない未来なんてない
不安の中にこそ未来があるから

不安の中に手を突っ込んで
僕は未来を掴み出すのさ
例え噛付いて来たとしても
その手を離さず掴み出して
噛み付いたりしない
かわいい未来に変えてやる

道端のあちこちで死んだ人が
転がっていた頃のこの国で
誰かが恐れずに不安から掴み出した
未来に僕らは今立っている

“それに比べりゃここは天国だ”

先行き不安なこの国では
子供は持てないというのなら
人類は平成までで終わり
地球はまさに野生の王国

全て用意された未来なんてない
不安の中にこそ未来があるから

不安の中に手を突っ込んで
君も未来を掴み出すのさ
腕に抱かれて眠っている
生まれたばかりの赤ん坊に
あげたいと思う未来を描いて
掴み出せ

You're gonna make it happen!!

不安の中に手を突っ込んで
僕は未来を掴み出すのさ
例え噛付いて来たとしても
その手を離さず掴み出して
噛み付いたりしない
かわいい未来に変えてやる