kobuchikunnoinunouta
From
Grapefruits
Released

kobuchikunnoinunouta

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎


小渕君の犬のうた


君が僕に 名前を付けてくれたのは 雨降りの朝
きみがぼくに なまえをつけてくれたのは あめふりのあさ
kimi ga boku ni namae wo tsuke tekureta nowa amefuri no asa

手づくりの家 ぬりたてのぺンキに クラクラ目が回りそう
てづくりのいえ ぬりたてのぺンキに クラクラめがまわりそう
te dukurino ie nuritatenope nki ni kurakura me ga mawari sou

ミルクをくれる 慣れない手つき 首輪の色も チョット派手だけど
ミルクをくれる なれないてつき くびわのいろも チョットはでだけど
miruku wo kureru nare nai te tsuki kubiwa no iro mo chotto hade dakedo

君と一緒が 一番うれしい のどが渇いて しっぽも揺れるよ
きみといっしょが いちばんうれしい のどがかわいて しっぽもゆれるよ
kimi to issho ga ichiban ureshii nodoga kawaite shippomo yure ruyo



ある日突然 お前はうちにやって来た
あるひとつぜん おまえはうちにやってきた
aru hi totsuzen o mae wa uchini yatte kita

名前も無くて 気付けば僕を はるかに超えた体つきと その態度…!
なまえもなくて きづけばぼくを はるかにこえたからだつきと そのたいど…!
namae mo naku te kiduke ba boku wo harukani koe ta karada tsukito sono taido

腕もね 口笛吹けば 帰ってくるんだ
うでもね くちぶえふけば かえってくるんだ
udemone kuchibue fuke ba kaette kurunda

何処にいたって 僕のそばまで さぁ 走り出せ
どこにいたって ぼくのそばまで さぁ はしりだせ
doko ni itatte boku no sobamade saa hashiri dase

首輪もはずして 暗くなったら 口笛吹くからね
くびわもはずして くらくなったら くちぶえふくからね
kubiwa mo hazushite kuraku nattara kuchibue fuku karane



ゆうべの遠吠え いつもの事だと思ってた
ゆうべのとおぼえ いつものことだとおもってた
yuubeno tooboe itsumono koto dato omotte ta

お前は最期を 僕に知らせようとしたのに
おまえはさいごを ぼくにしらせようとしたのに
o mae wa saigo wo boku ni shirase youtoshita noni

呼んでも 呼んでも 動かない冷えた体が 朝に包まれてく
よんでも よんでも うごかないひえたからだが あさにつつまれてく
yonde mo yonde mo ugokanai hie ta karada ga asa ni tsutsumare te ku

wo~

あの子の靴を くわえて来るたび いつも家まで 返しに行ってた
あのこのくつを くわえてくるたび いつもいえまで かえしにいってた
ano ko no kutsu wo kuwaete kuru tabi itsumo ie made kaeshi ni itte ta

叱られるのは Wa いつも僕だけど 楽しかったね
しかられるのは Wa いつもぼくだけど たのしかったね
shikarare runowa Wa itsumo boku dakedo tanoshikatta ne

wo~

口笛吹けば 帰ってくるんだ
くちぶえふけば かえってくるんだ
kuchibue fuke ba kaette kurunda

何処にいたって 僕のそばまで さぁ 走り出せ
どこにいたって ぼくのそばまで さぁ はしりだせ
doko ni itatte boku no sobamade saa hashiri dase

空に向かって 暗くなったら そこでお休み…
そらにむかって くらくなったら そこでおやすみ…
sora ni mukatte kuraku nattara sokodeo yasumi