雲と幽霊

Lyricist: n-buna    Composer: n-buna

幽霊になった僕は
明日遠くの君を見に行くんだ
その後はどうしよう
きっと君には言えない

幽霊になった僕は
夏の終わりの方を見に行くんだ
六畳の地球で 浅い木陰のバス停で
夜に涼む君の手
誘蛾灯に沿って石を蹴った
街の薄明かりが揺れている
何も見えなくたって
何も言わなくたって
誰も気付かなくたって
それでも分かるから

君と座ってバス停見上げた
空が青いことしかわからずに
雲が遠いね ねぇ
夜の雲が高いこと
本当不思議だよ
だからさ、もういいんだよ

幽霊になった僕は
あの頃の景色を見に行くんだ
遠い街の海辺
子供の時に見た露店街
歩き疲れた脚でそこらのベンチでバスを待って
その後はどうしよう
何で歩いてたんだろう
何も知らなくたって
何も聞けなくたって
いつか君が忘れても
それでも見ているから

夏の陰に座って入道雲を眺めるだけで
どこか苦しくて
空が高いよ ねぇ
このままずっと遠くに行けたらいいのにな
夜しかもう眠れずに

君と座ってバス停見上げた
空が青いことしかわからずに
雲が遠いね ねぇ
夜の雲が高いこと 本当不思議だよ
だからさ、だからさ
君もさ、もういいんだよ

幽霊になった僕は明日遠くの君を見に行くんだ
その後はどうだろう
きっと君には見えない