將幸福的鑰匙收藏在胸中

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之

紙とインクの甘い匂いと
日差しに光る少しの埃
図書館の広い机に置いた
大好きな本を開く
宝探しの冒険の旅に
夢中になって読んでいたら
いつの間に居眠りしていて
不思議な夢を見た

「人生は宝探しの旅の
ようなものなんだ」と
誰かが小さな鍵をくれた
ちょうどその時目が覚めた

遠い思い出のような夢は
僕に思い出させてくれた
途中で開いたままのこの本のように
僕は宝探しの旅の途中にいることを
幸せはどこかでこの僕に
見つけられるのを待っている
そう思うだけで胸が高鳴る
きっと見つけ出すよ
幸せの鍵を胸に

「人間の親でも自分の
子供が旅立つその時には
困らぬように十分な知恵や
備えを持たせるのだから」
そう言って鍵をくれたのは
神様なのかもしれない
旅立つ僕ら一人一人に
きっと鍵を持たせてくれたんだ

鍵と鍵穴のように幸せの
カタチもそれぞれ違う
その鍵で開くたった一つの
箱を探せと教えてくれた

遠い思い出のような夢は
僕に思い出させてくれた
途中で開いたままのこの本のように
僕は宝探しの旅の途中にいることを
幸せはどこかでこの僕に
見つけられるのを待っている
そう思うだけで胸が高鳴る

君だって見つけられるさ!

幸せはどこかで僕らに
見つけられるのを待っている
そう思うだけで胸が高鳴る
きっと見つけ出すよ
幸せの鍵を胸に