傷心情歌之前奏曲(日劇【喪失姓名的女神】主題曲)

Lyricist: アンジェラ・アキ    Composer: アンジェラ・アキ

この愛に例えば名前をつけるとしたら
「優しさ」じゃなく「華やか」でもなく
「強さ」とつけるだろう

簡単に倒れない人だと思われたくて
泣く事すらも忘れるくらいに素顔を隠していた

だけどあなたは今彷徨っている
出口のないトンネルの中で

世界一長い夜にも必ず朝は来る
あなたはまた笑うよ
太陽に抱かれて

この愛に例えば無くしたものがあるなら
「素直さ」よりも「思いやり」よりも
きっと「情熱」だろう

だから私は今凍えている
人生と言う舞台の上で

世界一長い冬にも必ず春は来る
二人はまた出会うよ
ロマンスに抱かれて

かすかに揺れる光を冷たい手で包む
始まりはここにある
太陽に抱かれ ロマンスは目覚め

世界一長い冬にも必ず春は来る
私は今歌うよ
心に響かせる
終わりのない歌を
始まりのバラード