さびしさ
From
平成
Released

さびしさ

Lyricist: 折坂悠太    Composer: 折坂悠太

頃合いみては
ここでまた会おう
乱れ飛ぶ交通網を縫って

やがておれたちは 砂浜の文字を
高波に読ませて言うだろう
「長くかかったよね 覚えてる」

風よ このあたりはまだか
産みおとされた さびしさについて
何も 語ることなく歩き始めた
この道に吹いてくれ

頃合いをみては
ここでまた会おう
衣摺れの御堂を駆けて

やがておれたちは 新聞の隅で
目を凝らす誰かに言うだろう
「今にわかるだろう 恋してた」

風よ このたりはまだか
手持ち無沙汰な 心臓を連れて
やがて二人が出会い 暮らすと決めた
このまちに吹いてくれ

とんでもないおとし物
おれは遠くに置いてきた
煙に覆われ 海に濡れ
冷たい頬に口つけて
さようなら さようなら
今日の日は さようなら