JEWEL 璀璨

Lyricist: 濱崎步    Composer: Tetsuya Yukumi
前奏

灰色の四角い 空の下を今日も
あらゆる欲望が 埋め盡くす
その中で光を 見失わず前を
向いて歩けるのは いつも 君が

この街の片隅にも 汚れのない
ものが殘っている事 教えてくれるから

疲れ果てた體で 眠りについた君を
仆は息をひそめて 見ていた
世界中で ただひとり 仆だけが知っている
無防備で 愛しい 橫顏

當たり前のように 陽射しが降り注ぎ
優しい風 揺れた ある日の事
仆の中で 何かが そっと強く
確かに変わって行くのを ひとり 感じていた

悲しくなんかないのに 涙がこぼれたのは
君の想いが痛いくらいに
仆の胸の奧の キズ跡に染み込んで
優しさに 変えてくれたから

もしも 君が深い 悲しみに出會ったら
仆にも わけてくれるといいな
その笑顏のためなら 何だって出來るだろう
仆の大切な寶物
仆の大切な寶物

尾奏