きみは眠る

Lyricist: 松井五郎    Composer: 玉置浩二

最後までニュースが嘘をつく
外された電話は凍えてる
とぎれない夜と 壊れたグラスは
さみさを惑わせる

他人でいるのには近すぎて
心を許すには遠すぎる
愛を知るまでに こぼれる涙は
どこへ消えるのだろう

ここには もう誰もいない
ここには もう誰もいない
乾いた腕のなか
眠ったきみは 永遠の亡命者

錆びついたラジオの古い曲
手と手をとりながら 踊りたい
忘れたいことと 想いだすことの
痛みに気づくまえに

これから もう誰でもない
これから もう誰でもない
どこから来たのかも
忘れた 僕は 永遠に放浪者

ここには もう誰もいない
ここには もう誰もいない
破れた夢ばかり
あふれる夜は 星も見えそうにない

これから もう誰でもない
これから もう誰でもない
どこまで行くのかも
知らずに きみは 眠り続けばいい