閃耀發光~original ver.~ (KIRIN 潤茶廣告曲)

Lyricist: 無名花    Composer: 無名花

潮風と波音の響き合い、水平線が行きを呑み押す
その時をふたりで見送るから、静かに
夜の訪れを無数の星が彩った、鮮やかに
星座が静寂をかき鳴らす、このままじゃ
僕ら泣き出してしまいそうで
沈黙をふり払う言葉を探したけど、見付からない
そして最後キスをした、キラキラな日々を駆け登る君に
でこからエールを送るよ、ォ~別々の道で、約束のうちで
そこで必ず会おう、その時は飛び切りの笑顔で

堤トラ毎に撃ち食ったかれる波
飛び立ちのはばたきが空に道をつくった
僕はまだ好きな唄、うてば成せぬまま
この場所で小さな愛を暖めてる
何時君が帰ってきたって、きちんと
まだその唄を君に聞かせられるように
時々こわくなる、大切な物はとても壊れやすいから、あぁ~
きれいな音だって崩れって行く前に、確りと抱き止めよう

キラキラな日々を駆け登る君に、でこからエールを送るよ
ォ~別々の道で、約束のうちで、そこで必ず会おう
まだ二人で笑ったり、まだふざけ合ったり
朝まで気ままに語り明かせる、者活きてるからには
片方が死んじゃったら、感がもろくなるんだ
先ず活きてればこそ