班花的選擇 - 玲奈總選舉選拔

Lyricist: 秋元康    Composer: Amber

ふいに
僕の名前を呼ばれて
頭 真っ白になった
だって 今まで一度も
そんな経験なかったからね
そう
君は教室の中で
一番 遠くの席で
手には届かぬ存在だって
勝手に 思ってたんだ

「文化祭の手伝い
一緒にしてくれる?」と
窓際の陽を受けて
この僕の手を引っ張った

まわりの男子たちは
あっけにとられている
初めてのジェラシーは
何だかいいもんだ

どうして僕なんだろう?
他にもいるのに…
クラスの中 疑問の嵐
マドンナの選択

なぜか
僕が君に選ばれて
心臓 バクバクしてるよ
ずっと 言えなかったけど
3年間も片思いした日々
きっと ほんの少しだけ
願い 届いたのかな
どんなこともあきらめなけりゃ
いつかは いいことあるさ

後夜祭が終われば
ただのクラスメイトに
僕たちは戻るだけ
そう 何となく予想つく

それでも君といると
すべてが楽しくなる
もう少しこのままで
いい気にさせてくれ

どうして僕なんだろう?
見当つかない
仲間たちは大ブーイング
マドンナの気まぐれ

ふいに
僕の名前を呼ばれて
頭 真っ白になった
だって 今まで一度も
そんな経験なかったからね
そう
君は教室の中で
一番 遠くの席で
手には届かぬ存在だって
勝手に 思ってたんだ

どうして僕だったのか?
さりげなく聞いた
おしゃべりしてみたかったのと
照れながら答えた

なぜか
僕が君に選ばれて
心臓 バクバクしてるよ
ずっと 言えなかったけど
3年間も片思いした日々
きっと ほんの少しだけ
願い 届いたのかな
どんなこともあきらめなけりゃ
いつかは いいことあるさ