Never Ever 遊turing lecca (Never Ever Yuturing Lecca)

Lyricist: lecca・遊助    Composer: lecca・遊助

これまでと同じように これからも笑っていけるように
2人でそれぞれ別々に迎えるmorning light
終わりは来たけど そっからまた始まるLove Story
隣に私がいなくても笑っていて

「お互いのために」なんて今でも俺の中ではお前と2人
初めに告った相手に自業自得で2度するはめに
なぜにこんなことになったんだって風に投げるタバコの煙
通いなれたお前んち カーステレオから流れるあの曲飛ばし
通り過ぎ行く景色と思い出 急いで取り戻したくて アクセル踏んでた
確かに求めた甘えた それに慣れ続けてた
余計なプライド捨て今日言えるか
「ごめんなやっぱ俺にはお前しかいねぇんだ」
俺の頭にこれしかねぇんだ

やって独りでいると あーだこーだ考えすぎるの
きっと忘れられるよって 2人でいた記憶たどって
忘れたいんじゃないって もしかして戻れる?って
バカみたいに いまもだ捨てきれないの

他愛もない出来事が 今では輝く宝石に
こうやって 続いて重ねた二人のstar light
当たり前の出来事が この手に取り戻せるように
ずっと見てた2人だけの 光ったfuture

ちょっと失礼なくらいの深夜に 車飛ばして会いに来てみたり
変わらないよね こうと決めたら取りあえず突っ走るやり方
あなたからの愛の言葉 もっと前に聞けば良かった
私だってあなたしかいないって信じて胸に描いてた未来
けど分かってた 無い「Forever」
約束なんてない、Never say never
まず生まれたのは違和感10% それはそのまま行くには危険な
甘えたのはお互い様で 重ねたそれぞれのOne day
笑ってた二人がなんて 別々の道を選んで

わかって一人俺の前 あーだこーだ考えお前
「きっとやり直せるよ」って 信じるしかない 俺だって
一人で止まるんじゃなくて 二人で歩きたいんだって
これからも続いてく 俺からのLove song

置いてきぼりの想いが この先の2人を包むように
いつだって 連れだって歩いたあの日は戻らない
よく言われるみたいに ただ終わるだけじゃないLove Story
きっといつか2人とも笑って歩いてく

こんなにも後悔をためて「まぁいいや」で終わらせられねぇ
あなたらしいよね 黙って初めて焦って伝えに来るなんて
お前といる俺でいてぇ なんとなく素直に頷けない
ぶつけ合って めぐりぐって Never End...

これまでと同じように これからも笑ってゆけるように
2人でそれぞれ別々に迎えるmorning light
終わりは来たけど そっから始まるLove Story
隣に俺が〔私が〕いなくても 笑っていて

BGMはあの日の曲 同じなのにどこか違う
昨日の時点で予想もしてない 眩しすぎる今朝のmorning light
バックシートには開いたままの CDケースがこちらを眺めてる
終わりじゃなくて始まり 信じてアクセル踏んでく