君がドアを閉めた後

Lyricist: 清水依与吏     Composer: 清水依与吏

線路沿い 家までの道を
缶ビールと想い出を 一人ぶら下げて
サンダルのかかとを 引きずって歩く
僕を自転車が 追い越して離れてゆく

君とよくこの道を 商店街の帰りに
近道でもないのに なぜかいつも通って帰ったね

君がいればなあって 思うんだよ
服を選ぶとき 玄関のドアを開けた時
新しい歌が できた時
君ならなんて言うかな
君がいればなあって 思うんだよ

何度目が覚めても 君はいなくて
たけど目を閉じると 君がいて
季節は巡るから こんな僕も
そのうち 君の知らない僕に

君が気に入ってた 雑貨屋も
今はなくなって 別の店が入ってて
角の花屋も そういえばあのアパートも
僕は今でもあの時のまま

君がいればなあって 思うんだよ
靴を選ぶとき 玄関のドアを閉めた時
新しい歌ができた時
君ならなんて言うかな
君がいればなあって 思うんだよ