Westminster Chime

Lyricist: 畠山凌雅    Composer: J. og・畠山凌雅

窓側後ろで眺めてた 校舎の影と
木々を梳く日差しがかたどる
僕らの今はやがて
風が吹いて 変わっていく

リノリウムの廊下と うたかたの春風
巡り会いは 別れを燃やす
小さな種火 風が吹けば 大きくなる

手を伸ばしては
手を落としては 重ねた
指先の触り 溶けた
何気ない顔で隣で笑えば
鐘の音 染まって
言葉にならない ひびきが

いつもどこかにあって
いつか振り返るんでしょう
その時には遅くて
そんな日々だからこそ

どんなメロディーだった?って
僕らは歌い合うから
終止線を越えて
響いては 止むこともなかった

誰もが知っていたって
秘密の音色がして

それぞれ遠くで変わったあと
ふとした拍子に 胸を打つよ

どんなメロディーだったって
僕らは思いだすから
終止線を越えて
響いては 止むこともないんだ

この旋律が 変わっていく僕たちを
(いつもどこかにあって)
(いつか振り返るんだ)
繋ぎ留めるんだよ
遠くなったって
(その時には遅くて)
さよならはない ずっと そう
(そんな日々だから)
いつまでも