那一天 我隨口說了一個謊

Lyricist: 秋元康    Composer: 三輪智也

あの日 僕は咄嗟に 那天 我猛然地
嘘をついたんだ 撒了一個謊
どんな嘘か 究竟是什麼謊呢?
今は覚えていない 現在我已經不記得了

それは大人になっても 但那個謊 在我長大成人後
心のどこかに 在心中的某處
苦い液を滲ませているようだ 不斷滲出的苦澀汁液一般

やさしさを勘違いして 誤會了溫柔的意義
本当の気持ちを捨てた 捨棄了真正的感情
遠くで九月の蝉が鳴いた 九月的蟬在遠處鳴叫著

もしもやり直せるなら 如果能重來的話
どこまで巻き戻そうか 該回到哪裡比較好呢?
君と初めて出逢った日 與你初次相遇那天
それとも好きになった日 還是你歡上你的那天?
たった一つの秘密 作ってしまっただけで 只因為有了一個秘密
君と僕は 你和我
違う空を見ている 正看著不同的天空

だけど その眼差しは 但是 那眼神
ちゃんと覚えてる 我卻牢牢地記住了
他のことは 其它的事情
全部忘れてるのに… 明明全都忘記了…

まるでカメラのシャッター切ったかのように 就像是按下相機的快門一樣
僕の嘘が 我的謊言
時間を止めたんだろう 暫停了時間

不確かな愛のせいで 傷つけることを怖れた 害怕會因不確定的愛而受傷
思いは夕立みたいだった 思慮就像雷陣雨一樣

なぜかこれでよかったと 為何這樣就好了呢?
今では思えてしまう 現在能這麼想著
だって 心の片隅に 因為在心中的角落
こんな痛みがあるから 有著這樣的痛楚
もしも正直だったら 如果那時能真誠的面對的話
痛みも何もないまま 就不會有這樣的痛楚了吧?
僕はもっとズルい人になってた 我也會變成更圓滑的人

もしもやり直せるなら 如果能重來的話
どこまで巻き戻そうか 該回到哪裡比較好呢?
君と初めて出逢った日 與你初次相遇的那天
それとも好きになった日 還是你歡上你的那天?
たった一つの秘密 作ってしまっただけで 只因為有了一個秘密
君と僕は 你和我
違う空を見ている 正看著不同的天空