故鄉

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之

尖った先の鉛筆じゃ ダメな気がして
意味のない円を落書きして 丸くして書いた「ありがとう」
「気をつけて帰ってきてね」 電話の切り際に君が
くれた言葉がどんなに 嬉しかったか手紙を書いた

故郷を遠く離れた街 部屋の鍵はあるけれど
ずっと探していた 心休まる故郷のような場所を

生まれた街も子供の頃も 何も知らないのに
昔から知ってるみたいに 想ってくれる誰かがいる
封筒の宛先がまるで 故郷の住所に思えた
やっと見つけた 帰る場所は君の心の中

尖った先の鉛筆じゃ ダメな気がして
意味のない円を落書きして 丸くして書いた「ありがとう」
重なったいくつかの円が 偶然作る花模様
出会いも同じ縁というから 僕にも笑顔の花が咲いたよ

生まれた場所に暮らす人も 故郷離れ暮らす人も
同じように探している 心休まる故郷のような場所を

生まれた街も子供の頃も 何も知らなくても
昔から知ってるみたいに きっと誰もが想い合える
フルサトと書いて切手を貼れば 君に届く気がしたよ
いつか同じ気持ちを 僕も誰かにあげたい

生まれた街も子供の頃も 何も知らなくても
昔から知ってるみたいに きっと誰もが想い合える
フルサトと書いて切手を貼れば 君に届く気がしたよ
やっと見つけた 帰る場所は君の心の中