あの街が見える丘で - At NHK Hall / 2015

Lyricist: 森山直太朗・御徒町凧    Composer: 森山直太朗・御徒町凧
どうせいつかは土に還ると
出鱈目(でたらめ)ばかりの人間様が宣(のたま)った
塞(ふさ)ぎ込んだこの目が零れ落ちた

どうにもこうにもならないことが
まるで秋深い日の果樹園の葡萄のようになっている
紫色の粒があなたにも見えるなら

あの街が見える丘で
僕は大きな旗を振っているよ
天国まで続く道を探すため

しがみついても振り落とされた
狂おしいほど他人(ひと)の泣き声が耳に付いて
素敵と言われる絵画さえも目障りだ

タ日が海に沈んだ日 僕の傍らで
あなたの涙が洪積世(こうせきせい)の化石になってしまったんだ
行き場のない思いやりが羽をつけたから

あの街が見える丘で
僕は小さな声で泣いているよ
天国まで響く鈴を鳴らすため

あの街が見える丘で
僕は大きな旗を振っているよ
天国まで続く道を探すため

あの街が見える丘で
あの街が見える丘で