冬日的投幣式洗衣店

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之

洗濯物をかかえて君と
冬の真夜中散歩に出る
缶コーヒー2つ買って
蛍光灯の明かりを目指す
僕はダッブルとスエット
君が紺のピーコート
とりとめのない言葉を白い
息にかえながら

乾燥機がしばらく回って
いくらか暖かくなると
ポケットのコーヒーを出して
プルタブ引く音が二つ響く

洗濯物が乾くまでの
ほんの3、40分程の間
それが僕らにとっての
とても大事な時間だ
切り出し難いことでも
ガラスに映るお互いになら
素直な気持ちになって
なんでも話せるから

今日まで僕ら この場所で
いくつ話をしただろう
普段なら甘くて飲まない
缶コーヒー何本空けただろう

誰にも言ったことのない
夢を打ち明けた雪の夜
その夢が叶うまで一緒に
頑張ろうと言ってくれたのを覚えてる

洗濯物が乾くまでの
ほんの3、40分程の間
それが僕らにとっての
とても大事な時間だ
ふかふかになった気持ちと
タオル冷えないように2人
ぐるぐる巻きのマフラーで
歩く冬の帰り道

洗濯物が乾くまでの
ほんの3、40分程の間
それが僕らにとっての
とても大事な時間だ
ふかふかになった気持ちと
タオル冷えないように2人
ぐるぐる巻きのマフラーで
歩く冬の帰り道

今年の冬は少しくらい
雪が降るのかな
僕らの冬の帰り道