道成寺蛇之獄

Lyricist: 瞬火    Composer: 瞬火

限(きれ)ない 闇を 擦(なす)りて
仄白(ほのじろ)い 雨が降る
濡(そぼ)つる 螟蛾(めいが)の翅(はね)を
穩やかに(も)ぎ落とす
もう 何も 視(み)えぬ
瘧(わらわやみ)の中
深く深く 沈みたい

止まない雨を 集めて
仄暗(ほのくら)い 闇が 眩(く)る
時雨(しぐ)れることも 忘れた
眼鞘(まなざや)を 閉(と)ざす為
もう 誰も知らぬ 黃泉國(よもつくに)の底
ずっと ずっと 燒かれたい

嗚呼 戀の歌を 嗚呼 彼に伝えて
嗚呼 遠き風に 愛おしき 聲を聽く

旅の 緣(よすが)に 戲(ざ)れて 誑(たら)した 女(おみな)
見目麗(みめうるわ)しく 艷事欠(つやことか)かぬ 色女(いろめ)
何時(いつ)か 番(つが)うと 容易(たやす)く包(くる)め枕(ま)いて
畢(おわ)るや否(いな)や 穴(けつ)を捲(ま)くりて 掃路(きろ)へ

何處(いずこ)へ 失(う)せた 愛しき 男(おのこ)
失われたのは 花
決して 違(たが)わぬ 貴方(あなた)の 匂い
詐(いつわ)りの 業(ごう)に 泣いて
此(こ)の儘(まま) 往(い)かないで
彼(あ)の日が墮ちてゆく

頑(かたくな)に迫(せま)る 蛇心(じゃしん)の嬌笑(きょうしょう)
抗(あらが)い 膠(にべ)も無く
戲言(けごん)の契(ちぎ)りを 片腹痛(かたはらいた)しと
足蹴(あしげ)にすれども 無馱

嗚呼 せめて 只 一言(ひとこと)
「其方戀(そなたこい)し」と 聞かせて
噓でも偽りでも どうか其の傍(そば)に 居させて
噫(ああ)逢瀨(おうせ)重(かさ)ね重(がさ)ね
戀(こ)うる 心 更に 燃え上がる 凍る 心 新に 冷めてゆく

立ち籠(こ)める 夏霞(なつがすみ)
憧れは 泡と消(き)ゆる
止めどなく 流れ 落(お)つるは
悔いの淚 貴方を信じて

野邊(のべ)に 笑く 花にさえ
憐(あわ)れびを 向けように
人でなく畜生(ちくしょう)の道を只 這(は)いずれば
「戀いもせぬわ」と
余りと言えば 余りない言い種(ぐさ)

臠(にく)が爛(ただ)れる
殘酷(ざんこく)の雨
蛇(くちなわ)の獄(ごく)の中
生きて掃さぬ 骨も殘さぬ
其の罪を 悔して死ね

今更 呼ばないで もう直(じき) 樂(らく)になる

愛しい 人を 殺(あや)めた
贖(あがな)いの 雨が降る
止まない雨を 集めた
滾(たぎ)つ瀨に 身を委(まか)す