雜耍演員∼悲傷的丑角∼

Lyricist: 安全地帯    Composer: 玉置浩二

いつまでも どこまでも
歩いて行こう
さざ波がきらめく
白い砂浜を
潮風がさみしさを
運んでくるなら
柔らかなショールになって
君を包むよ

離れないでいようね
泣いた後は子供のように
スキップ踏んで笑って
疲れきった旅人と

指先が黄昏に染まってゆく頃
幸せがすり抜けて
憂いに満ちるなら
潮騒を聞きながら
星を数えて
辛くても泣かないで
心に決めよう

忘れないでいようね
抱いた後は子供のように
腕の中で眠らせて
ねぐらのない旅人を

いつかまた逢えるなら
あの船に乗ろう
喜びも悲しみも
スーツケースに詰め込んで
雨の日はデッキに出て
びしゃびしゃんなったって
軽やかにタップ踏んで
おどけて見せるから
笑っておくれ