スピカの住み処

Lyricist: 三原康司    Composer: 三原康司

あなたと私だけの星空へ
そのままの すのままの ありのままを作らせて
青白いワンピースを着こなして
今までも これからも 変わらずに歩いてく

空がとても強く光って
流星が夜の目の前で踊りだした 踊りだした

輝く星の中のスピカが行ってしまう
行ってしまわずに待っていてよ
ゆらめく夢の中の住み処へ行ってしまう
行ってしまわずに待っていてよ

あなたと私だけの屋上で
わがままも すのままも ありのままで笑わせて
あの白いハイヒールを汚さずに
いつまでも あの頃を大切に笑わせて

雨がとても強く降り出して
人生が夜の目の前で傘をさして歩き出した

輝く星の中のスピカが行ってしまう
行ってしまわずに待っていてよ
ゆらめく夢の中の住み処へ行ってしまう
行ってしまわずに待っていてよ

涙の気持ちが言葉より先走って
銃声が夢の始まりの鐘の音を大きな声で鳴らし出した

輝く星の中のあなたが行ってしまう
行ってしまわずに待っていてよ
ゆらめく夢の中の住み処へ行ってしまう
行ってしまう前に会いに行くよ