Lyricist: 向井太一    Composer: 向井太一

この道も あの空も
僕らを未来へ紡ぐ
もっと上へ まだ遠くへ
続いてる

頬を撫でる風は冷たいのに
僕の体は燃えている
いつからか冷えていた心は
見違えるほど違うから

あの辛かった思い出も
弱音吐いた夜でさえも
この時を迎える為のものだったんだ

この道も あの空も
僕らを未来へ紡ぐ
もっと上へ まだ遠くへ
続いてる

苦しくて投げ出しそうな時も
もうダメだと思ったとしても
僕を信じてる仲間たちを
思えばまた進めるよ

あと一歩だけでもいい
その一歩を繰り返す中で
言葉に出来ない気持ちが
先へ繋ぐ

この場所が いつの日か
懐かしく思えるように
もっと上へ まだ遠くへ
続いてる

楽な道などどこにもない
坂を登りきった先に
他じゃ味わえない喜び
手にしたものは誇り

欲しかったものが手の中にある
けど終わりはなく
まだ道は続く
後ろは見飽きた 振り返らない
また風が吹く

この道も あの空も
僕らを未来へ紡ぐ
もっと上へ まだ遠くへ

この場所が いつの日か
懐かしく思えるように
もっと上へ まだ遠くへ
続いてる