霸邪的封印

Lyricist: 瞬火    Composer: 瞬火

俄(にわか)に 湧いた 黒い 何かに
跳ねることを 許す
卑陋(ひろう)なる 畠は 持たぬ

瞑(ひし)げば 泛(うか)かぶ 辿り 瞼に
深い川の 如く 静かなる 流れの 途次(とじ)

冷たい 柩に 蓋を 定(さだ)むは
未(ま)だし 世時(よとき)

蠢(おごめ)く 漸滅(ぜんめつ)の 欠片
暗す 前(さき)の イ舞(まい)
末枯(すが)る 此の世に 腐れても

あられなき 竃祓(かまばらい)
賤(いや)しき 様態(ようたい)
態(ざま)を 上衆(じょうず)に
奉じても 覇邪(はじゃ)の 世は 買えぬ

土(に)は 甕(か)に 盛るな
愚弄(ぐろう) 那由多(なゆた)に
励むことを 嘲笑(わら)う
尾籠(びろう)なる 旗は 破け

滲んだ 色に 誤魔化されるや
向かい側の 汚俗(おぞく)
抉られた こようを 閉じ

告げたい 安い 二歩(にふ)など
かだむは 邂逅(わくらば)に
有るを 無きに せしめ

蠢(おごめ)く 漸滅(ぜんめつ)の 欠片
暗す 前(さき)の イ舞(まい)
末枯(すが)る 此の世に 腐れても

あられなき 竃祓(かまばらい)
賤(いや)しき 様態(ようたい)
態(ざま)を 上衆(じょうず)に
奉じても 覇邪(はじゃ)の 世は 買えぬ

風間に 靡(な)べ 帆風は 求めぬ
例え ゆりの 墓標に 有る名 無かれど
過ぎる 魂(たま)は 定めを 殺(そ)ぐ

蠢(おごめ)く 漸滅(ぜんめつ)の 欠片
暗す 前(さき)の イ舞(まい)
末枯(すが)る 此の世に 腐れても

あられなき 竃祓(かまばらい)
悍(おぞま)しい 如来
是(これ)ぞ 創意と 居直るか

誇らしく 纏うは 紫の 羅衣(らい)
誂(あつら)えた 如(こと) いみじくも

穢(けが)れなき 常陰(とかげ)に
暮れて 消(き)ゆ 世迷い
沫(あわ)の 岩戸(いわど)に 封じても
覇邪の 夜は 冱(さ)えて 流(なが)らえ