Chandelier 水晶燈

Lyricist: H.U.B.    Composer: Matthew Tishler / Andrew Underberg


街の夕暮れ
ひとつひとつ窓の明かりが星みたい灯ってゆく
光の中で それぞれの笑顔と涙 物語を生きる

young days 友達と急ぐsunset
家が見えたとき
窓の明かりは 家族の証だね
Someday
僕が帰るまでずっと待っていてくれる
それは君だと 信じるから

baby 君に出会えて 君を好きになって
そう新しい帰る場所を 僕は見つけた
きっと 遠くにいても 迷わないだろう
「おかえり」の声を聞くまで
baby You’re my chandelier
You’re my chandelier

今日までの道 (道は)
決してラクなことばかりではなかったけど今では
その出来事が (出来事が)
僕らの愛を強くしたよ 二度と泣かないように

one light 思い出が灯る
two lights ただ守りたくて
どんなときでも 君に会いに来たよ
always “待っていて”なんて
きっとわがままだけどね
約束なしじゃ 生きれないよ

baby 君の言葉が 君の何もかもが
僕の心 埋め尽くして うまく言えない
もっと伝えたいこと あるのに ごめんね
「ただいま」と君に言うまで (君に言うまで)
baby You’re my chandelier

僕らはまた会えるから dream
明日の夢を見ていよう
いつも ずっと I need you yeah (I need you yeah)

baby 君に出会えて 君を好きになって
そう新しい帰る場所を 僕は見つけた
きっと 遠くにいても 迷わないだろう
「おかえり」の (your smile) 声を聞くまで
baby You’re my chandelier
You’re my chandelier (my love)