Ashitairo
From
明日的色彩
Released

Ashitairo

Lyricist: Kenji Tamai・Izumi Soratani・Hidenori Tanaka    Composer: Masaaki Ishihara・Kenji Tamai

明日(あした)は 明日は どんな色(いろ)だろう

晴(は)れでも嵐(あらし)でも 陽(ひ)はまた昇(のぼ)る

山(やま)の雨(あめ)に 濡(ぬ)れた花(はな)

息(いき)をひそめ 歩道(ほどう)に咲(さ)いた

気付(きづ)かれても 気付(きづ)かれなくても

希望(きぼう)だけは曖昧(あいまい)なまま

ほら、また風(かぜ)が通(とお)り過(す)ぎてゆく

花(はな)びら ひらひら 流(なが)されるままに

歩(ある)いていけば この道(みち)の先(さき)に

淡(あわ)く霞(かす)んだ光(ひかり)も見(み)えるのかなァ

明日は 明日は どんな色だろう

虹(にじ)がかかるような朝(あさ)は来(く)るのかな

明日へ 明日へ また、手(て)を伸(の)ばす

探(さが)しものが何(なに)か 見(み)えないまま

強(つよ)い風(かぜ)に吹(ふ)かれてる この涙(なみだ)も乾(かわ)くのかな

背負(せお)った荷物(にもつ) 重(おも)すぎて

立(た)ち止(ど)まって膝(ひざ)を抱(だ)いた

些細(ささい)な声(こえ)で凍(こご)える夜(よる)

温(あたた)め合(あ)う 笑顔(えがお)の星(ほし)

ほら、また月(つき)が顔(かお)を変(か)えている

心(こころ)は揺(ゆ)ら揺(ゆ)ら 眠(ねむ)らない星見(ほしみ)つめ

進(すす)んでゆけば 誰(だれ)かの胸(むね)へと

何(なに)か綺麗(きれい)な想(おも)い出(で) 届(とど)くのかな

明日を 明日を 待(ま)ちわびながら

可愛(かわい)い色(いろ)つけた 蕾(つぼみ)のように

心は 心は ただひたむきに

どんな瞬間(しゅんかん)も そっと感(かん)じてる

雨上(あめあ)がりの夜明(よあ)けには どんな涙(なみだ)も渇(かわ)くかな


あぁ、時計(とけい)の針(はり)はもう 次(つぎ)へ 次(つぎ)へと急(せ)かす

誰(だれ)かのためにまた 泣(な)いて 笑(わら)って 忙(いそが)しい日々(ひび)で

何処(どこ)へゆくの 此処(ここ)でいいの?

明日は 明日は どんな空(そら)だろう

晴(は)れでも嵐(あらし)でも 陽(よう)はまた昇(のぼ)る

明日へ 明日へ また手(て)を伸(の)ばす

誰(だれ)もがせつない祈(いの)りの中(なか)で

雨上(あめあ)がりの夜明(よあ)けには どんな涙(なみだ)も渇(かわ)くから