Winter,again

Lyricist: TAKURO    Composer: TAKURO

無口な群衆(ひと)、息は白く、
歴史の深い手に引かれて
幼い日の帰り道、
凛と鳴る雪路を急ぐ
街灯の下ひらひらと、
凍える頬に舞い散る雪
目を閉じれば昔のまま、
厳しくも日々強く生きてる者よ

いつか二人で行きたいね
雪が積もる頃に
生まれた街のあの白さを、
あなたにも見せたい
逢いたいから、恋しくて、
あなたを想うほど
寒い夜は、未だ胸の奥、
鐘の音が聞こえる

のしかかる雲を見上げて、
時の速さの流れに問う
誰もが抱く悲しみの、
終着駅は何処にあるのか
陽だまり、暮れる坂道で、
若さの幻と出逢い
<元気です>の一言に懐かしさよりも<
戸惑い立ち止まる

過ぎ去りし世に揺れる華、
遠くを見つめてた
冷たい風にさらされた
愛はあの日から動けないと
逢いたいから、逢えない夜には、
あなたを想うほど
想い出には、二人が歩いた足跡を残して…

降り続く白い雪は、心模様、そっと
滔々と白い雪は、無常なる人の世を
すべて 許すように降り続いて行く

いつか二人で行きたいね
雪が積もる頃に
生まれた街のあの白さを、
あなたにも見せたい
逢いたいから、恋しくて、
あなたを想うほど
寒い夜は、未だ胸の奥、
鐘の音が聞こえる
逢いたいから、逢えない夜には、
あなたを想うほど
想い出には、二人が歩いた足跡を残して…