炎の戦士

Lyricist: 中島真一    Composer: 中島真一

誰よりも強くなりたくて一生懸命努力して
やっとの思いで作り上げた鎧は

中にいてもただ窮屈で身体は弱ってく一方で
たまらず自ら脱ぎ捨てたんだ

それでも流した汗の痕は僕にしみついて
血となり肉となり骨となり僕を動かしている


僕を飾る宝石がなくなったって
守り続けたいものがある
「あの日」灯したこのロウソクだけは
ずっと守り続けていく

誰よりも自由になりたくて一生懸命走って
やっとの思いで辿り着いた山頂で

まだ顔を上げなきゃ見えない
山がこんなにもあるなんてさ
自分の小ささに嫌になっちゃうよ

それでも流した泪の痕は僕にしみついて
血となり肉となり骨となり僕を動かしている

生きることだけで精一杯だって
守り続けたいものがある
「あの日」灯したこのロウソクだけは
強く燃やし続けていく

渡れるはずの石橋を叩きすぎて
壊してしまった「あの日」の後悔だって
血となり肉となり骨となり僕を動かしていく

僕を飾る宝石がなくなったって
守り続けたいものがある
「あの日」灯したこのロウソクだけは

ずっと守り続けていく