Remains

Lyricist: 黒うさ    Composer: 黒うさ

朝焼けはまた希望を運び
瞬く星を覆い隠した

確かめたくて何かにすがり
また歩き出す変わらないよ

数えた日々を生きた証にしよう
明日たとえ壊れても

その声がまだ 胸で消えない
絶え間なく押し寄せる程痛むよ

凍てついた空 雲の向こうに
君と会える願いを込めて

傾く月が水面に映り
渇きを少し 潤していく

確かな事は何もなかった
それでも僕は構わないよ

重ねた時間がいつか終わりそれが
砂漠の水の様でも

愛しさはただ 胸に残って
微かな記憶はくたびれても

新しい朝君と見つめた
手のひらへと小さな花を


その声がまだ 胸で消えない
絶え間なく押し寄せる程痛むよ

凍てついた空 雲の向こうに
君と会える願いを

愛しさはただ 胸に残って
微かな記憶はくたびれても

新しい朝君と見つめた
手のひらへと小さな花を